<< スノーボード | main | 嘘を愛する女 >>

小室さんに対する思い

小室哲哉さんが、文春砲にやられて引退を決めた。

なんかな〜〜。
真相はわからないけど、小室さんが心配。そして、気の毒に思えた。

今は要介護1まで回復し、自立型施設で暮らしている父だが、四年前、倒れた時は、危ないとこまでいった。
手術すれば、今のようにちょっと不自由だけど、元気に会話出来ると思っていたのに、実際は、口から管でしか栄養が取れず、弱り切った父。
お見舞いに行くたびに痩せ細り、手を拘束されたり、見るのが辛かったです。
そんな時、暗い落ちた気持ちで家に帰るのが嫌で久々に地元の友達に会ってバカ話したり、同じような境遇の人の話聞いたりして救われた。
普段の生活まで落ちていたくないからね。 これが、ずっと続くとなるとかなりメンタルやられると思う。
ましてや、けいこさんは45歳。体は元気だけど、意思の疎通が出来ないから夫婦生活も成り立たない。

話し相手や支え欲しくなるよね?
って思った。

小室さんのケアを誰かしてあげてと思います。
posted by: sakura-taka | - | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:40 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://cyokicyoki.jugem.jp/trackback/1753